読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2.7

  こんな夜中に妹が台所で洗い物をしているような音がする。ちょっと覗きに行こうかと思ったけれどやめた。
 私はきっと、この日記を書いてネットをぶらぶらしてから眠る。最近、こんな調子ばかり続いてるから肌が荒れに荒れてる。そろそろ春からの仕事の準備をしなければいけない気がするが、具体的にどんな本を読み、どんな心構えをすればよいのかわからない。
 新人社員が気をつけなければならないこと、接客の仕方など、すべて書いてある質も量もシンプルで的確な本があるなら読みたいけれどそんな本はきっと高い。図書館で借りてみるのもいいかもしれないが、大好きな図書館に、考えるだけで憂鬱になる春からのことを持ち込むのはなんだか気が向かない。

 明日は(今日は)バイトも休みだし学校は卒業式まで休みだし、オール休みだ。オール休み って言葉だいすきだ。しかも明日は楽しみにしていたドラマが入る。良き日だ。
 1年と4ヶ月続けてきたケーキ屋のバイトは今月いっぱいで終わり。能力と魅力が皆無な私にとって、コミュニケーション能力と女の子としての魅力が必須なこのバイトは行くのが億劫な日がたくさんあった。でも、色んな人に出会えて良かった。特に、人と会話する楽しさを見出せたとこは良かった。バイトや店員は私よりずっと上な人達ばかりでそこもまた良かった。私は高校生だから…という妙だけど正確な理由が失敗して落ち込んだ自分を慰める理由になった。
 全体的に良きバイトだったけど、バイト募集事項に〈コミュニケーション能力と女の子としての魅力必須〉って書いてあればもっと良かったな。
 
 春から仕事に就けば、高校生というブランドが無くなるし、マスクもつけてはいけなくなる。(三年生になってから学校とバイトでマスクを着用しなかった日はたった五日程度……)

 だから、私はどうなるんだろう。
 明日、図書館に行こうとおもう。気が向いたら、新入社員の心構え のような本が並んでる棚の前を通り過ぎながら横目であざ笑ってやる。私が図書館に来た目的は物語を拝借するためなのだと目で言ってやる。

 二時間で読み終えた。
人の生き方って案外、たった二時間で読みきれるような素っ気ないものなのかもしれない。
おかげでよく眠れた。
 
明日、図書館が休館じゃなければいいなとおもう。休館かどうか、ネットで確認することはできるけど今夜はもういいや。明日、起きたらにしよう。起きて、休館ならそれはそれで良し。図書館に行くかわりにコンビニでドーナツでも買うか。
 そういえばドーナツとその図書館は似ている。中庭があるのだ。中庭にはなにがあったっけ……。たしか、緑があったはず。
 買ったドーナツに中庭を作りたい。なんて、妙なことを思いつく。箱庭のようなイメージだが、そもそもドーナツは食べ物だ。食べ物はやはり食べなければいけないとおもう。
 
そういえばこの前、コンビニできな粉ドーナツを食べた。甘すぎた。
でも、そんな甘すぎる甘さが最近の私には丁度いい。  AM2:30